スポンサーリンク

LDLコレステロール値は筋トレで下がる?【メニューの作り方】

スポンサーリンク

LDL(低比重リポタンパク質)コレステロールが高くて悩んでいる方はいませんか?

今回は、コレステロールを下げるための筋トレメニューについてご紹介します。

この記事では、有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせなど、自分に合った運動メニューを作る手順を説明します。

LDLコレステロールを減らすための筋力トレーニングに興味がある方は、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

LDLコレステロールを下げるための筋力トレーニングの効果

筋力トレーニングは、体内のLDLコレステロールのレベルを下げることで、心臓の健康に良い影響を与えることが確認されています。

これは、筋肉が強化されると、体が日常活動を行うためにより多くのエネルギーを必要とするようになり、LDLコレステロールを体外に排出するのに役立つHDL(高密度リポタンパク質)がより多く生産されるようになるためです。

さらに、筋力トレーニングは協調性を高め、気分を向上させるので、心臓の健康全般に悪影響を及ぼしがちなストレスレベルを下げることができます。

LDLコレステロールを下げるための筋力トレーニングメニューの作り方

LDLコレステロールの値を下げるために、筋力トレーニングの効果を最大限に引き出すには、自分に合った運動メニューを作ることが大切です。

まず、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの負荷の少ない有酸素運動をメニューに入れることです。

さらに、腕立て伏せ、スクワット、バーピーなどの運動は、HDLをより多く生産するのに役立つので、体の大きな筋肉群をターゲットに行う必要があります。

メニューにあるすべての運動は、少なくとも週に2回行う必要があります。

時間や場所の制約に応じた筋トレメニューのコツ

筋トレメニューを作る際には、時間や場所、個人のニーズなどを考慮することが大切です。

例えば、ジムを利用できず、自宅で運動メニューを作成する必要がある場合は、腕立て伏せ、スクワット、ランジ、プランクなどの基本的な自重運動を中心に行う必要があります。

さらに、時間がない人は、外に出る必要がなく、室内でできるサーキット型のワークアウトを探すとよいでしょう。

結論。LDLコレステロールを下げるのに筋力トレーニングは効果的か?

結論から言うと、筋力トレーニングは体内のLDLコレステロールの値を下げるのに有効な手段であると言えます。

時間や場所などの要素を考慮し、個人のニーズに合わせた運動メニューを作成することで、筋力トレーニングから最大限の効果を得ることができます。

有酸素運動で大きな筋肉を動かすと、LDLコレステロールを体外に排出する働きを持つHDLがたくさん作られます。

したがって、筋力トレーニングはLDLコレステロールを下げるのに実に効果的な方法なのです。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました