スポンサーリンク

EMSを使った筋トレについて紹介【使うメリット・デメリット 】

スポンサーリンク

あなたは筋肉をつけたいと考えていますか?それとも、EMSという言葉は聞いたことがあるけれど、どんなものなのかわからないという方でしょうか?

今回は、EMS(Electrical Muscle Stimulation)トレーニングの概要、EMSとは何か、運動に使用することで考えられるメリットとデメリットをご紹介します。

EMSトレーニングの基本を知りたい、この方法による筋トレの効果を理解したい方は、このまま読み進めるとよいかもしれません。

スポンサーリンク

EMSを使った筋トレ入門

EMSは、筋トレの代替モダリティ(運動の種類)となる運動法です。

筋収縮に電気刺激を与えることで、個人の筋肉を強化し、運動パフォーマンスを総合的に向上させることを目的としたものです。

従来の運動の補助や、リハビリテーションの一環として用いられることが多い運動方法です。

EMSの技術は、電極と呼ばれるワイヤレスデバイスで構成されており、電極が筋肉に刺激を与え、運動中の活動レベルを測定することができます。

この刺激は低周波電流で、EMS機器に接続された電極を通じて筋肉に伝わります。

EMSによる筋トレのメリット

EMSには、筋力アップ、柔軟性アップ、バランス感覚アップなどの効果があると言われています。

EMSを使用する主な目的は筋肉増強になりがちですが、電極による刺激で筋肉がつき、弱った筋肉組織も強化されると考えられています。

EMSは、体の特定の部位に作用させることができるため、個々の筋群に狙いを定めて活動を活発化させることができます。

また、EMSの刺激によって動作中の筋肉が活性化されるため、正しい動作を訓練することで全身の機能を向上させることも可能です。

EMS筋トレのデメリット

他の運動と同様に、EMSを使った筋トレにもメリットとデメリットがあります。

EMSを使用する際には、潜在的なリスクやデメリットを認識し、医療従事者に相談し、EMSが個人のニーズに合っているかを確認することが大切です。

EMSのデメリットとしては、EMSの使用により、強い刺激による筋肉疲労や痛み、肌荒れなどの副作用の可能性が示唆されていることが挙げられます。

また、EMSの使い方を誤ると、筋肉が過剰に働き、怪我をする可能性があることです。

EMS筋トレの注意点

EMSは安全な運動ではありますが、使用する際には注意が必要です。

危険性を認識した上で、メーカーの指示通りに使用することが大切です。

また、肌荒れなどの副作用に注意し、気になることがあれば医師に相談することが大切です。

まとめ

EMSは、筋肉をつけたり、柔軟性やバランス感覚を高めたり、正しい動作をトレーニングしたりするのに有効な運動です。

しかし、使用する際には、潜在的な危険性を認識し、慎重に行うことが大切です。

EMSの効果を理解し、メーカーの指示に従うことで、EMSエクササイズの効果を安全に享受することが可能です。

筋トレ筋肉雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました