スポンサーリンク

骨盤底筋ってどんな筋肉?鍛える方法&トレーニングの効果を紹介

スポンサーリンク

最近、骨盤底筋のことをよく耳にするようになり、もっと詳しく知りたい!という方にオススメの記事です。

今回は、骨盤底筋のトレーニングの効果について説明し、簡単に始められて鍛えられる方法を紹介します。

骨盤底筋とその関連エクササイズについて詳しく知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

スポンサーリンク

骨盤底筋の紹介

骨盤底筋は、恥骨から尾てい骨まで伸びている筋肉群で、泌尿器系や消化器系を支えるとともに、女性では子宮や膣、男性では前立腺や陰茎を支えています。

骨盤底筋は、骨盤横隔膜とも呼ばれ、筋肉、靭帯、結合組織から構成されています。

これらの筋肉は、排尿や排便の抑制、性機能の調整、姿勢の支持、性的快感、出産など、日常の多くの作業において重要な役割を担っています。

骨盤底筋トレーニングの効果

骨盤底筋トレーニングは、ケーゲル体操としても知られており、多くの利点があります。

膀胱のコントロールを改善し、尿失禁のリスクを軽減し、性的満足度を向上させることができます。

さらに、腰痛や骨盤の痛みを軽減し、脱腸のリスクを低減し、体幹の強さと安定性を向上させることができます。

骨盤底筋を鍛えるための一般的なエクササイズ

骨盤底筋を鍛えるには、いくつかの一般的なエクササイズがあります。以下のようなものがあります。

-ぎゅっと力を込めてキープ

骨盤底筋を5秒間圧迫して保持し、5秒間解放することは、骨盤底筋を強化するための一般的な運動です。

-ボールスクイーズ

ジムボールやストレスボールを両脚で挟み、両脚を押し合うようにすると、骨盤底筋の強化に効果的です。

-静的収縮

骨盤底筋を収縮させ、その収縮を30秒間維持することは、骨盤底筋を鍛えるのに効果的な運動です。

-骨盤の傾き

ブリッジの姿勢になり、お尻と足の筋肉を10秒間緊張させ、その後、腹筋の筋肉を10秒間緊張させることは、骨盤底筋を鍛えるのに効果的な運動です。

骨盤底筋を鍛えるときに重要なこと

骨盤底筋トレーニングを日常的に取り入れる場合、いくつかの重要なポイントがあります。

エクササイズを定期的に実践して、確実に進歩させ、ケガを防ぐことが大切です。

さらに、エクササイズを正しく行い、筋肉に過度な負担をかけないようにすることも大切です。最後に、一貫性を保ち、自分に合ったルーチンを見つけることが重要です。

まとめ

骨盤底筋は、体幹を支え、安定させる重要な筋肉群です。

骨盤底筋のトレーニング、またはケーゲル体操は、膀胱のコントロールを改善し、尿失禁のリスクを軽減し、性的満足度を高め、背中や骨盤の痛みを軽減するのに役立つ可能性があります。

骨盤底筋の強化に役立つ一般的なエクササイズには、ギュッと握る、ボールで絞る、静的収縮、骨盤の傾きなど、いくつかのものがあります。

骨盤底筋を鍛えるには、スクイーズ&ホールド、ボールスクイーズ、静的収縮、骨盤傾斜など、いくつかの一般的なエクササイズがありますが、確実に上達し、ケガを防ぐには、エクササイズを定期的に、正しい技術で、一貫性をもって実践することが大切です。

下半身筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました