スポンサーリンク

筋トレ後72時間経っても筋肉痛がある場合、トレーニングは避けるべき?【重症度の判定】

スポンサーリンク

新しいスタイルのワークアウトに挑戦して、翌日、72時間後でも強い筋肉痛を感じたことがありますか?

もしそうなら、この記事はあなたのためのものです。筋肉痛とは何か、筋肉痛の症状、トレーニングを続けるには筋肉痛がひどすぎるかどうかを判断する方法について説明します。

さらに、筋肉痛から回復し、今後発生しないようにするためのヒントもお伝えします。

ですから、もしあなたが筋肉痛を経験していて、どうしたらいいかわからないなら、読んでみてください。

スポンサーリンク

筋肉痛とは何ですか?

筋肉痛は、専門的には遅発性筋肉痛(DOMS)として知られており、激しい運動をした後に特定の筋肉に感じる痛みやこわばりのことを言います。

DOMSは、筋繊維が破壊され、その部分の血流が増加し、炎症が起こることで起こります。

筋肉痛は運動後に直接起こることもありますが、運動の種類や強度によっては、最長で72時間以上続くこともあります。

筋トレ後72時間経っても筋肉痛がある場合、トレーニングを避けるべき?

その答えは、筋肉痛の程度によります。

筋肉痛が軽度から中等度であり、日常生活に支障がない場合は、通常、トレーニングを行っても問題ありません。

しかし、筋肉痛がひどく、運動能力や可動域に影響がある場合は、筋肉痛が治まるまで待ってから、さらに体を動かすとよいでしょう。

筋肉痛の重症度を判断する

筋肉痛の程度を判断するにはいくつかの方法があります。

最も一般的な方法は、不快感(または痛み)のレベルを1から10のスケールで判断することです(1が最も不快感が少なく、10が最も不快感が大きい)。

痛みのレベルが6以上であれば、痛みが治まるまでトレーニングを控えた方がよいでしょう。

また、痛みのレベルを記録しておくと、上達の度合いを確認したり、適切な予防策を講じるのに役立つ場合があります。

筋肉痛の回復と予防について

筋肉痛から回復する最善の方法は、体を休ませ、修復する時間を与えることです。

ストレッチ、フォームローリング、軽い有酸素運動は、硬直を減らし、患部の筋肉をほぐすのに役立ちます。

さらに、衝撃の大きい運動を避け、十分な睡眠をとることも、回復を早める効果的な方法です。

筋肉痛の予防に関しては、新しい活動を徐々に取り入れることがポイントです。

早くから多くのことをしようとすると、筋肉に過度な負担がかかり、筋肉痛になるリスクが高まります。

さらに、適切な水分補給とバランスの取れた食事は、健康で怪我のない体を維持するために必要なエネルギーと栄養を確保するのに役立ちます。

まとめ

筋肉痛は運動に対する正常な反応ですが、根本的な問題を示している場合もあります。

自分の身体とその反応に注意し、安全で健康的な生活を送るために必要な予防策を講じることが大切です。

筋肉痛が72時間以上続く場合や、症状が重い場合は、必ず医師または医療機関にご相談ください。

筋トレ筋肉雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました