スポンサーリンク

筋トレ後のマッサージで「やってはダメなこと」を紹介【持病がある場合は?】

スポンサーリンク

この記事では、筋力トレーニング後のマッサージの利点と、やってはダメなことについて説明します。

マッサージの種類、ストレッチ、ウォームアップ、クールダウンのコツ、持病のある方への配慮など、筋力トレーニング後のマッサージについて、何を、なぜ、どのように行うかについて説明します。

では、さっそく本題に入りましょう。

スポンサーリンク

1.筋トレ後のマッサージとは?

筋トレ後のマッサージは、あらゆるレベルのアスリートがパフォーマンスを向上させ、回復を最大化し、怪我のリスクを減少させることに焦点を当てたマッサージの一種である。

しばしばトレーニングの不可欠な部分とみなされ、筋力トレーニング後のマッサージは、血液とリンパ液の循環を促進しながら、筋肉、関節、結合組織に影響を与える。

その目的は、筋肉の緊張を緩和し、トレーニングのストレスに耐えられるように、筋肉を素早く回復させることです。

2.筋力トレーニング後のマッサージの効果

筋トレ後のマッサージの効果は、炎症の軽減、柔軟性や可動域の向上、血液や酸素の循環の改善、ケガのリスクの減少など、数多くあります。

筋力トレーニング後のマッサージは、筋肉の緊張を緩和することで、エンドルフィンなどの天然化学物質の放出を促します。これは、痛みを軽減するだけでなく、幸福感やリラクゼーションを促進するのに役立ちます。

筋力強化マッサージの他の利点は、神経筋の調整の改善、筋力と持久力の増加、筋肉痛や疲労の減少、関節可動域の改善、および精神的明瞭度の向上が含まれます。

3.筋トレ後のマッサージでやってはいけないこと

筋トレ後のマッサージに関しては、最適な効果を得たいのであれば、避けるべき行為もあります。

過度な圧迫や勢いよく揉むことは、筋肉に摩擦が生じ、さらなる疲労や不快感の原因となるため、避けましょう。

マッサージが特に痛いと感じる場合は、セラピストにその旨を伝えると、適宜圧力を調整してくれるでしょう。また、患部に感染症や病気、開放創がある場合は、どのようなマッサージ治療も避けるべきです。

4.持病をお持ちの方への配慮

筋力トレーニング後のマッサージは、すべての人に適しているわけではありません。持病をお持ちの方は、特に慎重に検討する必要があります。

コントロールされていない高血圧、心臓病、骨粗しょう症、その他の疾患をお持ちの方は、筋トレ後のマッサージを受ける前に、医師またはセラピストに相談してください。

さらに、妊娠中の方、神経に関する診断を受けた方は、マッサージを受ける前に医師の診断を仰いでください。

まとめ

筋力トレーニング後のマッサージは、パフォーマンスを向上させ、回復時間を早め、ケガのリスクを低減させる素晴らしい方法となり得ます。

また、筋肉の緊張を和らげ、血液循環を良くし、幸福感やリラックス感を得ることができます。ただし、過度の圧迫や強い摩擦を避けること、痛みに注意すること、既往症がある場合は医師に相談することなど、治療を検討する上で注意すべき点もあります。

これらの点を考慮した上で、筋力トレーニング後のマッサージは、パフォーマンスの向上とケガの可能性を減らすために効果的な方法と言えるでしょう。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました