スポンサーリンク

筋トレ後にお酒を飲むなら○○がオススメ【飲んでも大丈夫な量&タイミングについて】

スポンサーリンク

バランスの良い食事、定期的な筋力トレーニング、十分な睡眠が、あなたのフィットネスゴールの達成に役立つことは周知の通りです。

しかし、筋力トレーニングの後は、体がご褒美を欲しているのを感じるはずです。

「筋トレを終えたら、どんな飲み物を飲もうか…」そんなことを考えているのではないでしょうか?

今回は、長時間の筋トレで疲れた後に飲んでも大丈夫なお酒の種類、時間、量についてご紹介します。さっそくご紹介しましょう。

スポンサーリンク

筋トレ後のお酒について。概要

筋力トレーニングの後にお酒を飲むことを考える場合、それが体に与える影響を理解することが重要です。

時折飲むアルコール飲料は筋肉の回復にすぐには影響しないかもしれませんが、飲み過ぎは筋肉の修復の遅れ、筋力の低下、脱水につながる可能性があります。

このように、筋力トレーニング後の飲酒については、節度を守ることが重要です。

筋トレ後、どんなお酒なら飲んでも大丈夫?

トレーニング後にお酒を飲む場合、良い選択肢と悪い選択肢の両方があります。

例えば、ビールは他のアルコール飲料に比べて炭水化物が多く、グリコーゲンを減少させる可能性があります。

一方、ダークリカーはカロリーが最も低く、炭水化物も含まれていないため、筋力トレーニングの後に飲むには理想的な選択肢です。

さらに、ダークリカーには不純物が少なく、ビールやその他の軽い酒よりも一般的に滑らかです。

ウォッカ、テキーラ、ウイスキー、ブランデーなどは、カロリーと炭水化物の含有量が最も少なく、筋力トレーニングの後に飲むのに最適な選択肢です。

お酒を飲むのに最適なタイミングは?

タイミングとしては、筋トレ終了後30分以上経ってからお酒を飲むことが大切です。

アルコールを摂取すると、体内の炎症が強くなる可能性があるため、さらなるストレスを与える前に、体の回復と修復を開始させた方がよいのです。

注意点としては、脱水状態の場合、アルコールの影響がより顕著になるため、最初の一杯に手を伸ばす前に水を飲むことが重要です。

【量について】どれくらいのお酒なら大丈夫?

筋力トレーニングの後にお酒を飲む場合、適度な量が重要です。

平均して、1杯のアルコールは5オンスです。これを超えると、脱水症状や疲労を引き起こし、筋肉の回復を阻害する可能性があります。

とはいえ、これは誰もが守るべきガイドラインであり、厳格なルールではありません。

あなたの体はアルコールの影響に敏感かもしれませんので、異なる量に体がどのように反応するかに注意を払い、それに応じて調整することが重要です。

まとめ

筋トレ後のお酒は、適量であれば安全に行うことができます。

アルコールに対する耐性は時間とともに変化するため、さまざまなレベルのアルコールに対する体の反応に目を配ることが最も重要です。

筋トレ後の飲酒は30分以上空けてからにし、お酒の量や種類にも気をつけましょう。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました