スポンサーリンク

筋トレはQT延長症候群のリスクを増加させるor減少させるか?

スポンサーリンク

筋トレを始めようと思っているけど、QT延長症候群のリスクが高まるのではないかと心配されている方はいらっしゃいませんか?

この記事では、筋トレがQT延長症候群に与える影響について解説し、考えられるメリットとリスクについて説明します。

また、これから筋トレを始めようと考えている方へのおすすめもご紹介します。

それでは、筋トレとQT延長症候群について詳しく知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

スポンサーリンク

QT延長症候群とは?

QT延長症候群とは、心臓の電気的な障害で、心臓のリズムに影響を与えるものです。

心筋の下部の部屋である心室からの電気伝導が遅延することで発生します。これにより、危険で致命的な不規則心拍が引き起こされる可能性があります。

QT 延長症候群の症状には、動悸、めまい、失神、胸痛が含まれることがあります。

QT延長症候群に対する筋力トレーニングの効果

QT延長症候群に対する筋力トレーニングの効果は、現在も研究されています。

最近の研究では、筋力トレーニングが心臓の電気系に有益な影響を及ぼす可能性が指摘されています。

European Heart Journal 誌に掲載された研究では、10 週間の持久力運動により、QT 延長症候群を含む不整脈のある人の心機能が改善されることが明らかにされました。

European Journal of Preventive Cardiology 誌に掲載された別の研究では、運動強度とともに心指数が変化することが、不整脈から心臓を守る重要な要因である可能性があることがわかりました。

筋力トレーニングに関連するリスクの可能性

特にQT延長症候群などの持病がある人は、筋力トレーニングに関連する潜在的なリスクがあることに注意することが重要です。

急に運動強度を上げると、心臓の血液を効果的に送り出す機能が低下し、危険な不整脈のリスクが高まる可能性があります。

このように、筋力トレーニングの開始には注意が必要です。

筋力トレーニングの開始時の注意点

筋力トレーニングを始めようとする場合、以下の点を考慮することが重要です。

– 筋力トレーニングプログラムを始める前に、主治医に相談し、許可を得てください。

– 筋力トレーニングを始める前に、医師に相談し、許可を得ること。

– 運動中はもちろん、運動後も心拍数を確認するようにしましょう。

– ふらつき、動悸、胸の痛みなど、いつもと違う症状があれば注意し、主治医に相談しましょう。

まとめ

結論として、筋力トレーニングは心臓の電気系に良い影響を与えますが、QT延長症候群などの持病をお持ちの方にはリスクがある可能性があります。

筋力トレーニングを始めたいと考えている方は、まず医師に相談し許可を得ること、また、ゆっくりと始めて時間をかけて強度を上げていくことが大切です。

これらの推奨事項に従うことで、筋力トレーニングを安全に日課として取り入れることができ、健康に役立ちます。

筋トレ筋肉雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました