スポンサーリンク

筋トレはがん予防に役立つ?【がん治療中に役立つ筋トレメニューについて】

スポンサーリンク

がんは、世界で最も死亡率の高い病気のひとつです。しかし、筋トレががんのリスク低減に有効であることをご存知でしょうか?

今回は、筋トレのがん予防効果と、がん治療中に役立つトレーニングメニューについてご紹介します。

筋トレとがんの関係について、ぜひ読み進めてみてください。

スポンサーリンク

筋トレとがんの関係とは?

筋トレは、ある種のがんの発症リスク低減と関連する、身体活動に不可欠な要素です。

多くの研究で、筋トレが乳がん、大腸がん、子宮内膜がん、前立腺がんのリスク低減に関連することが実証されています。

さらに、筋トレをする人は、定期的に運動しない人に比べて、全体的にがんのリスクが低いことを示唆する証拠もあります。

がん予防における筋トレの役割

定期的な筋力トレーニングは、いくつかの方法で人のがん発症リスクを減らすことができると考えられています。

最も重要な方法の1つは、代謝率を上げることで、発がん性化合物が体内に蓄積される時間を短縮することです。

さらに、筋トレはフリーラジカルと呼ばれる特定の化合物の体内生産を増加させ、実際にがん細胞の形成と拡散を抑制することができます。

さらに、免疫システムを向上させ、体がより効果的にがん細胞を発見し、それと闘うのを助けることができるのです。

がん予防のための筋トレメニュー

筋トレでがんのリスクを減らしたい人のために、いくつかのエクササイズを紹介します。

例えば、ウエイトリフティングは、代謝とフリーラジカル産生の両方を高めるため、最も効果的な筋トレの一つです。

さらに、スクワット、デッドリフト、ベンチプレスなどの複合運動は、全身の筋力増強に有効です。

もっと負担の少ない方法をお探しなら、ヨガやピラティスで筋力と柔軟性を向上させることができます。

がん治療中の筋トレの効果

がんのリスク軽減に加え、がん治療中にも筋力トレーニングは有効です。

定期的な筋力トレーニングは、患者さんの全体的な体力と持久力を向上させ、治療の副作用に対処するのに役立ちます。

さらに、身体的活動は、がん治療に関連しがちなうつ病、不安、ストレスの症状を軽減することが示されているため、精神状態の改善にも役立ちます。

まとめ

定期的な筋力トレーニングには多くの効果がありますが、その中でも特に重要なのは、がん予防に役立つことです。

代謝を高め、免疫系を改善し、フリーラジカルの生成を増やすことで、筋トレは人の発がんリスクを減らすのに役立ちます。

さらに、がん治療中にも筋力トレーニングは有効で、患者の体力と精神状態を向上させることができます。

がんの予防や治療プログラムをお探しの方は、ぜひ筋トレを計画の一部に入れてみてはいかがでしょうか。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました