スポンサーリンク

筋トレに励んでいる時は、お菓子を食べない方がいい?【食べてもいいモノは?】

スポンサーリンク

筋トレ中は、甘いお菓子や塩辛いスナックへの欲求に波があり、大変な思いをすることがあります。

食事は筋肉の維持・強化に欠かせないものになりますが、燃料となるおやつはどのようなものを選べばよいのでしょうか。

今回は、具体的なおやつの効果について説明し、トレーニング中に食べてもよいおやつの量、種類、タイミングの決め方について、実践的なアドバイスをします。では、早速本題に入りましょう。

スポンサーリンク

筋トレ中にお菓子を食べることのリスク

筋トレをするときは、食べるお菓子に気をつけることが大切です。

お菓子は副作用のある単純炭水化物を多く含んでいるため、筋トレの進行に悪影響を及ぼす可能性があります。

単純炭水化物は消化の早いエネルギー源なので、血糖値の急激な低下や疲労感を招きます。

また、単純炭水化物は体重増加の原因となり、身体能力の低下にもつながります。そのため、筋トレ中は甘いものを食べないようにすることが大切です。

筋トレ中に食べても良いお菓子とは?

筋トレをする際には、エネルギーレベルを維持するための適切な燃料と、体に必要な栄養素を摂取できるおやつを食べることが重要です。

筋トレ中に食べるべきおやつは、複合糖質、赤身のタンパク質、健康的な脂肪を含むものです。

炭水化物は消化が遅く、長期的なエネルギー源となります。赤身のタンパク質は、健康的な脂肪と同様、筋肉の形成と維持に役立ちます。

筋トレ中に食べてもよいおやつの例としては、ピーナッツバターを塗った全粒粉トースト、アーモンドとギリシャヨーグルトを入れたオートミール、りんごとクルミをひとつかみ、バナナとナチュラルナッツバターなどが挙げられます。

筋トレ中に正しいお菓子を食べるメリット

筋トレ中に正しいおやつを食べることで、エネルギーレベルを維持し、筋肉を作り維持する能力をサポートすることができます。

また、筋トレ中の体重増加を防ぎ、健康的な体作りをサポートします。

さらに、正しいおやつを食べることで、パフォーマンスに悪影響を与えず、トレーニングの厳しい局面を乗り切ることができます。

筋トレ中はどんなお菓子を・いつ・どのくらい食べるか決める方法

筋トレ中に何を、いつ、どのくらい食べるかを決めるには、個人のニーズと目標を考慮することが重要です。

人によってはトレーニング前にもっとエネルギーが必要な場合もありますので、いろいろなお菓子を試してみて、自分に合ったものを見つけることが大切です。

また、食物アレルギーや不耐性など、健康上や食事上の制限を考慮することも大切です。

さらに、食べ過ぎを防ぐために、お菓子を食べるときは分量に気をつけ、1日を通して食べることが重要です。

まとめ

筋トレ中に正しいお菓子を食べることは、上達のために有益であり、トレーニングをして筋肉をつけようとするときに見落としてはならないことです。

ある種のおやつはトレーニングや健康全般に悪影響を及ぼす可能性があるため、どのようなおやつを摂取しているのか意識することが重要です。

また、トレーニング中に何を、いつ、どのくらい食べるかを決めることは、トレーニングの効果を最大限に発揮するために不可欠です。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました