スポンサーリンク

ドラゴンフラッグのやり方を解説【どの筋肉を鍛えられる?】

スポンサーリンク

有名な「ドラゴンフラッグ」のやり方を知りたいと思ったことはありませんか?もしそうなら、この記事はあなたのために特別に書かれたものだと知って喜んでいただけるでしょう。

この記事では、ドラゴンフラッグとは何か、ドラゴンフラッグに必要な筋肉と鍛えられる筋肉は何か、そして最後にドラゴンフラッグエクササイズのやり方を順を追って説明します。

もっと勉強して、トレーニングを次のレベルに進める準備はできましたか?さぁ、始めましょう

スポンサーリンク

ドラゴンフラッグエクササイズとは?

ドラゴンフラッグは、リバースクランチやアブドミナルレッグローワーとも呼ばれる、腹筋運動の一種です。

ドラゴンフラッグエクササイズは、ブルース・リーやジャッキー・チェンといった武術の有名人やスタントマンによって広まり、現在では筋肉を鍛えるための腹筋運動として人気があります。

ドラゴンフラッグエクササイズは、腹筋を孤立させ、同時に股関節の屈筋と腰の筋肉を鍛えることができます。

このエクササイズは、ジムの床やヨガマット、自宅でトレーニングする場合はベッドの上など、平らな面さえあればどこでも行うことができます。

ドラゴンフラッグエクササイズに必要な筋肉は?

ドラゴンフラッグで使用する主な筋肉は、腹筋と背中の下部です。腹筋はエクササイズ中の安定性をもたらし、腰の筋肉は背骨をニュートラルな位置に保つのに役立ちます。

腰の筋肉は、エクササイズ中に腰を上げ下げするときにも使われます。

ドラゴンフラッグは、主な筋肉群に加え、上腕二頭筋、上腕三頭筋、大臀筋、ハムストリングスも鍛えられます。これらの筋肉はすべて、エクササイズ中に体を支え、バランスと安定性を補助するのに役立ちます。

ドラゴンフラッグエクササイズの効果

ドラゴンフラッグエクササイズは、腹筋を鍛え、彫刻のように美しくする素晴らしい方法です。

このエクササイズは、腰と股関節の曲げ伸ばしに効果的で、その他の安定化する筋肉群も鍛えられます。

ドラゴンフラッグエクササイズは、体幹の強さと安定性を高め、姿勢の改善や腰痛の軽減に役立ちます。

ドラゴンフラッグエクササイズのステップバイステップガイド

仰向けに寝た状態で、両足を伸ばし、両腕を横に置きます。

1.腹筋を鍛え、両腕で支えながら、脚と腰を床から浮かせる。脚はできるだけまっすぐ、つま先は天井に向けるようにする。

2.お尻を床から離し、膝と肩を一直線にしたまま、ゆっくりと脚とお尻を床に向かって下ろします。腕はまっすぐ伸ばし、腹筋に力を入れる。

3.脚と腰を下げると、足が地面に着くようにします。

4.一瞬の停止後、脚と腰を上げ、スタートポジションに戻る。

5.この動作を希望の回数だけ繰り返す。

まとめ

ドラゴンフラッグエクササイズは、体幹の強さと安定性を高めることができる、効果的で人気のある腹筋運動です。

腹筋、背筋、腰、上腕二頭筋、上腕三頭筋、大臀筋の筋肉を鍛えられます。

もし、あなたがチャレンジングで効果的な腹筋運動をお探しなら、ドラゴンフラッグエクササイズはあなたのためのものです。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました