スポンサーリンク

スピードを基準にした筋トレ:VBTとはどんなメニュー?【メリット&注意点】

スポンサーリンク

筋力トレーニングのパフォーマンスを最大化したいとお考えですか?そのためにどのようなトレーニングコースがあるかご存知でしょうか?

最近、「速度論的筋トレ(VBT)」という言葉が実践で使われるようになりましたが、これはどのようなメニューかご存知でしょうか?

今回は、VBTとはどんなメニューなのか、どのように実践すればいいのか、詳しく解説していきます。さっそく始めてみましょう

スポンサーリンク

VBTとはどんな筋トレメニュー?

VBTとは、Velocity-Based Trainingの略で、スピードや敏捷性を利用して筋力やパフォーマンスを向上させるトレーニングのことです。

従来の筋力トレーニングで使用される重量ではなく、動きの速さ(ベロシティ)に焦点を当てます。

VBTはフリーウェイトとマシンの両方で使用することができます。

VBTは、最大限の効果を得るために、各反復の速さだけでなく、収縮の最大速度にも着目しています。

専用の装置で速度を測定することにより、各反復に必要な重さを決定することができます。

この知識により、最大限の力を発揮するためにウェイトを動かすべき速度を評価することができます。

VBTで筋トレするメリット

速度に基づくトレーニングは、パワー出力の向上、筋力と持久力の強化、コーディネーションの改善、筋速度の向上など、アスリートに多くの利益をもたらします。

さらに、VBTは、テクニックとフォームを改善することで、ケガのリスクを減らすことができます。

最後に、VBTは、特定のリフトの爆発力を向上させ、最終的にあらゆるスポーツやアクティビティのパフォーマンスを向上させるために使用することができます。

VBTを筋トレに取り入れるためのステップ

VBTを正しくトレーニングに取り入れるためには、まず、プログラムの原理と仕組みを理解する必要があります。

まず、自分の現在の筋力と能力に見合った重量を選びます。次に、レーダーガンのような装置を使って、1回の反復のスピードを測定し、自分の限界スピードを決めます。

これらの変数が決まったら、次にデータを収集するための装置をセットアップし、エクササイズを行います。

各レップを通じて、デバイスは速度を追跡し記録します。このデータから、進捗を評価し、トレーニングに必要な調整を行うことができます。

VBT導入時の注意点

VBTをトレーニングに取り入れる際には、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

まず、運動を始める前に必ずウォーミングアップをすることです。次に、各運動で正しいフォームとテクニックを維持することが特に重要です。

そうすることで、最も効率的かつ効果的なトレーニングが可能になり、怪我の予防にもつながります。

最後に、自分自身を優しく励まし、反復するごとに向上するよう努力することが重要です。

まとめ

VBTの筋トレは、効果的で効率的な筋トレ方法であり、様々なメリットをもたらします。

各レップションの速度を測定することで、各エクササイズの最適な重量を決定し、怪我のリスクを軽減し、パフォーマンスとパワーを最大化することができます。

そのため、筋力トレーニングのパフォーマンスを向上させたい方には、VBTは最適な選択肢と言えるでしょう。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました