スポンサーリンク

ギリギリ7回できる強度の筋トレをすると、筋力がアップしやすい?【科学的根拠】

スポンサーリンク

あなたはより早く強い筋肉を手に入れたいですか?

それならこの記事を読んで、なぜ7回ギリギリ反復できる負荷でトレーニングした方がいいのかを理解してください。

この記事では、効率よく早く筋力をアップさせる方法を徹底的に解説します。

なぜそれが目的なのかという基本的なことから、7回ギリギリの負荷でトレーニングすることのメリットまで解説していきます。ぜひ、筋力アップのために読んでみてください。

スポンサーリンク

1.ギリギリ7回できる筋トレについて紹介

7回ギリギリ反復できる負荷でトレーニングする考え方は、漸進的過負荷の概念に基づいています。

漸進的過負荷とは、何らかのエクササイズを行う際に、持ち上げる重量やセット数、レップ数、抵抗力をゆっくりと、しかし漸進的に増やしていくプロセスを指します。

重量とレップ数を着実に増やすことで、筋肉にストレスを与え、筋肉がその重量に対応できるように成長させます。

筋肉を最大限に成長させるためには、筋肉を刺激するのに十分な負荷をかけることが重要ですが、次のトレーニングのために回復できないほど負荷をかけないようにすることが大切です。

2.ギリギリ7回できる負荷でトレーニングするメリット

ギリギリ7回できる負荷でのトレーニングには、筋力アップを最大化するためのメリットがいくつかあります。

まず、筋肉が7レップをやっとこなせる重量を持ち上げることで、筋肉が最大限に挑戦していることを確認し、プラトー(停滞期)に陥らないようにします。

もう一つの利点は、7レップより少し上の重量を持ち上げることで、1~2レップしかできない重すぎる重量を持ち上げるのとは対照的に、フルワークアウトを行うためのエネルギーが残っていることを保証することである。

最後に、7レップぎりぎりの重量を持ち上げると、より多くの筋肉をターゲットにし、複数の筋肉群の成長をよりよく刺激することができます。

3.最大限の筋力発揮のための適切なレップ数と負荷の選び方

筋肉のパフォーマンスを最大化するためには、適切なレップ数と重量を選択しているかどうかが重要です。

一般的には、7レップスちょうどの重さを選びたいものです。つまり、7回しかできないような重さであればよいのです。しかし、休まずに7回行うことができないほど重いものであってはなりません。

さらに、ターゲットとする筋肉群に適したレップ数を選択するようにする必要があります。

例えば、上腕二頭筋や上腕三頭筋を強化するためのエクササイズを行う場合、従来の8~10レップスとは対照的に、10~12レップスに増やした方がよいかもしれません。

4.ギリギリ7回できる負荷で筋トレすることの科学的根拠

7レップスぎりぎりの負荷でトレーニングすることを支持する科学的根拠がかなりあります。

疲労点ギリギリの負荷でトレーニングを行う方が、重い重量でトレーニングを行うよりも肥大化に効果的であることが研究により証明されています。

さらに、次のトレーニングのために回復できないほどではなく、筋肉の成長を刺激するのに十分な負荷をかけることで、短時間で大きな効果が得られることが研究により実証されています。

まとめ

7回ぎりぎりの負荷で行うトレーニングは、短期間で効率的に筋力をアップさせる効果的な方法です。

徐々に負荷とレップ数を増やしていくことで、筋肉が最大限の力を発揮できるようにし、かつ次のトレーニングに向けて回復させることができます。

さらに、ターゲットとする筋肉群に適したレップ数を選択することで、ワークアウトの成果を最大化することができます。

ですから、次にジムに行くときは、7レップスぎりぎりの負荷で筋肉に挑戦することを忘れないようにしましょう。

筋トレ筋肉雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました