スポンサーリンク

キツかった筋トレを無駄にする「NG食べ物」とは? 【筋肉に与える影響】

スポンサーリンク

本気で筋トレして、憧れのムキムキボディを目指したいと思っていませんか?

でも、その頑張りを帳消しにしてしまう「NG食べ物」があることをご存知でしょうか?

今回は、この「NG食べ物」とも呼ばれる食べ物について、その避け方を全て書きます。

さっそく、筋トレを無駄にしないためのポイントを確認していきましょう。

スポンサーリンク

筋トレを無駄にする「NG食べ物」って何?

NG食べ物とは、筋肉増強に不利な食品を指します。

一般的に低栄養で不健康とされているため、筋トレには不向きな食品です。高カロリーで栄養価が低いもの、不健康な脂肪やナトリウム、精製糖が多く含まれているものなどがあります。

筋肉をつけることが目的であれば、これらの食品は避けるべきでしょう。

筋トレを無駄にする「NG食品」トップ3

1.加工食品

加工食品は、不健康な脂肪、ナトリウム、砂糖がたくさん含まれています。

カロリーは高いのに、栄養はほとんどありません。さらに、タンパク質の代謝を阻害し、せっかくの筋トレを無駄にしてしまいます。

2.ジャンクフード

ジャンクフードは、糖分が多く、栄養価もほとんどないことで有名です。これらの空のカロリーは、すぐに「気分爽快」な気分を味わえますが、筋肉の成長を妨げる可能性もあります。

3.アルコール飲料

多くのアルコール飲料には、糖分、カロリー、炭水化物が含まれています。これは体重増加につながるだけでなく、運動中に最高のパフォーマンスを発揮することを難しくします。

NG食べ物が筋トレに与える影響

NG食べ物が筋トレに与える影響は顕著です。これらの食品は、栄養素の不足以外にも、体内のタンパク質の代謝を阻害し、せっかくのハードなトレーニングもプラスに働かなくなります。

さらに、エネルギー密度が高く、必須栄養素が不足しているため、セッション間の筋肉の回復に時間がかかることになります。

最後に、空っぽの炭水化物と不健康な脂肪を大量に摂取すると、体重が増え、水分を保持するようになり、希望の体格に達するのが非常に難しくなります。

筋トレの効果を最大限に引き出すための「NG食べ物」の避け方

筋トレの効果を最大限に発揮させたいなら、「NG食品」を避けることを優先しましょう。ここでは、その方法をご紹介します。

– 新鮮な果物、野菜、低脂肪タンパク質、全粒粉を購入

台所から加工食品やジャンクフードを取り除く。

– 自炊する

自分の食事を準備することで、何が入っているかをコントロールすることができます。新鮮な材料だけを使い、加工食品を避けるようにしましょう。

– 筋トレ後に食べる

運動後1時間以内に食事をすることで、結果が劇的に改善されます。炭水化物とタンパク質のバランスが取れた食事を選ぶと、より効果的です。

– 食事量に気をつけましょう

赤身のタンパク質は手のひらサイズ、複合炭水化物はこぶしサイズ、野菜は両手で2~3杯を目安にすると、体に必要な栄養とエネルギーが摂取できます。

まとめ

筋トレの効果を最大限に発揮させるには、「NG食べ物」を意識することが不可欠です。

これらの食品は一般的に高カロリーで栄養価が低く、体内のタンパク質の代謝を阻害する可能性があります。

幸いなことに、これらの食品を避けても、おいしい食事を楽しむことは可能です。

買い物をし、食事の量に気を配り、時間をかけてヘルシーな食事を作りましょう。そうすれば、せっかくの努力が無駄にはなりません。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました