スポンサーリンク

【初心者向け】筋トレのおすすめメニュー&基礎知識について紹介!

スポンサーリンク

「もっとムキムキになりたい!」「筋トレを始めたいけど、やり方がわからない!」

この記事は、筋トレを始めたいけどやり方がわからないという方のために作成しました。

ここでは、おすすめの筋トレメニュー、筋肉や初心者に必要な基礎知識、トレーニングに必要なウェイトを紹介しています。

それぞれの内容を必要性に応じて分け、把握しやすいようにしました。初心者におすすめの筋トレメニューと基礎知識について解説していきますので、ぜひ読み進めてください。

スポンサーリンク

初心者におすすめの筋トレの概要

筋トレを行うにあたって、初心者はまずその構成要素やプロセスの違いを理解する必要があります。

筋トレは通常、抵抗を使って筋力やパワー、筋肉の大きさを鍛える「筋力トレーニング」が行われます。

このタイプのトレーニングには、腕立て伏せやスクワットなどのエクササイズが含まれ、ウェイト、マシン、または自分の体重を使用することになる。

筋肉トレーニングは、心臓と肺の健康を向上させる有酸素運動の一種であるカーディオエクササイズでも補われます。

有酸素運動で最も一般的なのは、ランニングやサイクリングです。最後に、筋肉をつけるには十分な休息と栄養が必要です。

おすすめの筋トレメニュー

推奨される筋トレメニューに関しては、十分な種類のエクササイズを提供する包括的なトレーニングプログラムを作成することが重要です。

良い筋トレメニューは、1週間に8~12種類のエクササイズで構成され、スクワット、デッドリフト、プレスなどの複合エクササイズを含むことが望ましいです。

各エクササイズのセット数と反復回数も考慮する必要があります。

初心者は、8~10回を1~3セットとし、時間をかけて強度を上げていくようにしましょう。

筋力トレーニングは、柔軟性を高めるために、各セッションの最後にストレッチを行うのがよいでしょう。

筋トレに必要な基礎知識

おすすめの筋トレメニューをこなすだけでなく、筋トレの基本的な原理を学ぶことも大切です。

筋肉をつけるための大きな要素は、筋力や大きさを増すために、筋肉に現在のレベル以上の負荷をかける「漸進的過負荷(Progressive Overload)」です。

成果を維持するためには、エクササイズの重量やレップ数を徐々に増やしていくことが重要です。

筋トレのもうひとつの重要な原則は「特異性」です。例えば、筋肉の大きさと強度を高めることが目的であれば、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトなどのエクササイズがワークアウトの中心になります。

最後に、回復の原則は、筋肉が適切に回復し、進歩するために十分な休息を与えるべきであることを述べています。

トレーニングに必要なウェイト

筋トレを行う際には、適切な器具を使用することが重要です。

筋トレにはマシンよりもフリーウェイトの方が効果的なので、安全かつ効果的に筋肉に負荷をかけるにはウェイトが必要である。

ウェイトの重さは、運動者の筋力に比例している必要があります。初心者は軽いウェイトから始め、筋力がついてきたらウェイトを増やすとよいでしょう。

また、使用するウェイトの種類も重要です。例えば、ケトルベルなどのファンクショナルウェイトは、一度に複数の筋肉群を使うので、筋トレに効果的です。

まとめ

これから筋トレを始めようとする初心者の方は、必ず考慮すべき重要な要素があります。

まず、個々の目標に合わせた包括的な筋トレプログラムを作成すること。次に、漸進的過負荷、特異性、回復など、筋トレの基本原則を学ぶこと。

最後に、ウェイトやマシンなどの適切な器具を利用できるようにすることです。これらの要素を念頭に置きながら、筋トレを成功させるための道を歩んでください。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました