スポンサーリンク

「筋トレすると身長が伸びなくなる」は本当?

スポンサーリンク

筋トレが体に与える影響に不安はありませんか?筋肉をつけると強くなるだけでなく、身長が低くなるのではと心配になりませんか?

今回は、筋トレが人体に与える影響を科学的に説明します。具体的には、筋トレが体に及ぼす短期的・長期的な影響を説明し、起こりうるケガを回避する方法をお教えします。

ですから、もしあなたが、できるだけ背を高く保ちながら筋肉をつけたいと思っている人なら、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

筋トレが人体に与える影響を理解する

筋トレとは、体を動かして筋肉を鍛えることです。この過程で、重量抵抗トレーニングは筋肉を収縮させ、筋肉は肥大(サイズアップ)、筋力とパワーの増加を通じて適応するように強制されます。

筋トレが姿勢や身長に与える影響は、運動の種類と強度で決まります。

筋トレをすると身長が伸びなくなるというのは本当ですか?

一言で言えば、答えは「ノー」です。筋トレをしたからといって、身長が伸びなくなることはありません。

しかし、運動によって身長が低くなることはあります。それは、背骨が過剰に湾曲してしまう「過背骨」と呼ばれる現象で、加齢や筋肉の萎縮が原因で起こることが多いようです。

筋トレは背骨を湾曲させないので、正しい方法で筋肉を鍛えている限り、筋トレで身長が伸びなくなるという質問には「ノー」と答えることができるのです。

筋トレの短期的・長期的な効果

筋トレの効果のほとんどは、短期的に現れるものです。例えば、筋トレは短期的には筋力、パワー、可動性の向上が期待できます。

長期的には、筋トレは、より引き締まった体格、心肺機能の向上、全身の健康増進につながる可能性があります。

正しい方法では、筋トレは私たちの姿勢に有益ですが、身長を伸ばす目的で行うべきではありません。

身長をなるべく維持しながら筋肉をつける方法

筋肉をつける場合、トレーニングの強度を意識することが大切です。

健康的な姿勢を維持しようとする場合、高強度のトレーニングは高身長症につながり、姿勢や身長に悪影響を及ぼす可能性があるため、理想的ではありません。

代わりに、低~中強度のエクササイズを中心に、姿勢に気を配りましょう。さらに、体幹を鍛えるエクササイズを中心に行いましょう。体幹を鍛えることは、より良い姿勢を促進します。

まとめ

結論として、筋トレは身長に直接影響しませんが、間違った方法で行うと間接的に影響を及ぼす可能性があります。

私たちの体の姿勢と身長が変わらないようにするには、背骨の湾曲を誇張しないような低~中強度のエクササイズを中心に行うことが重要です。

さらに、より良い姿勢を促進するために、体幹を強化するためのエクササイズに焦点を当てましょう。

これらの秘訣を守ることで、安全に筋肉をつけることができ、身長に影響を与えないという確信が得られます。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました