スポンサーリンク

「筋トレすると手首が痛い」その原因&治し方について解説

スポンサーリンク

筋トレ後に手首が痛くなったことはありませんか?もしそうなら、体を守るために間違った対策をしている可能性があります。

今回は、筋トレ後に手首が痛くなる代表的な原因とその対策についてご紹介します。

さらに、手首の痛みに対するさまざまな改善策についてもご紹介します。

このような痛みを二度と起こさないために、痛みを軽減するためのヒントをご紹介しますので、ぜひ読み進めてください。

スポンサーリンク

筋トレ後に手首が痛くなる原因とは?

筋力トレーニング後の手首の痛みは、一般的に手と手首の筋肉、腱、靭帯の使いすぎやオーバートレーニングによって起こります。

一般的な原因としては、プレス運動での手首の固定、ウェイトリフティングでの正しいフォームの欠如、懸垂やあおむけのような運動での過度のグリップが挙げられます。

また、繰り返しの運動や運動後の十分な休息や回復も手首の痛みにつながることがあります。

筋力トレーニング後の手首の痛みの症状にはどのようなものがありますか?

筋力トレーニング後の手首の痛みの一般的な症状には、痛み、こわばり、腫れ、脱力感などがあります。

プレスや特定のグリップなど、特定のエクササイズを行う際に痛みや不快感を感じることがあります。また、手や腕に痺れやしびれを感じることもあります。

筋力トレーニング後の手首の痛みを防ぐには?

筋力トレーニングの際に手首の痛みを防ぐためにできるいくつかのステップがあります。

手首や腕への負担を減らすために、正しいフォームでエクササイズを行うことが重要です。また、バーを強く握りすぎたり、プレス時に手首を伸ばしたりしないようにする必要があります。

さらに、運動中は定期的に休憩を取り、繰り返しの動作を避けることで、手首の痛みのリスクを軽減することができます。

さらに、手首と前腕のストレッチを定期的に行うことで、緊張を和らげ、可動域を向上させることができます。

筋トレ後の手首の痛みの治し方

筋トレ後に手首が痛くなった場合、症状を軽減するための改善策がいくつかあります。

まず、手首を安静にし、痛みや不快感を感じるような動作を避けることです。さらに、手首に熱や冷たさを加えることで、炎症を抑えることができるかもしれません。

また、手首を支え、痛みを軽減するために、リスト・ブレースやスプリントを装着するのも良い方法です。さらに、イブプロフェンなどの市販の抗炎症薬は、痛みや腫れを抑えるのに役立ちます。

手首と前腕のストレッチを定期的に行うことも、硬直を緩和し、可動域を改善するのに役立ちます。

まとめ

筋力トレーニング後の手首の痛みは、痛くて不快なものです。幸いにも、症状を軽減し、痛みが再発しないようにするための改善策がいくつかあります。

運動中は正しいフォームを保つこと、定期的に休憩をとること、熱や冷気を加えて腫れを抑えることが大切です。

さらに、手首の装具やスプリントを着用し、市販の抗炎症薬を服用することで、手首の痛みを改善することができます。

手首の痛みで運動ができなくなることはありません。正しい対策で、安全に楽しく運動しましょう。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました