スポンサーリンク

「筋トレするとはげる」は本当?【薄毛との関係性を解シンプルに説】

スポンサーリンク

「筋トレをするとハゲる」という言葉を耳にしたことはありませんか?

フィットネス愛好家は多いものの、「筋トレがハゲの原因になるのでは」と受け入れがたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は必見です。

今回は、筋トレと薄毛の関係について、医学的な根拠をもとに真実を解説していきます。もっと知りたいという方は、ぜひお付き合いいただき、読み進めてください。

スポンサーリンク

1.筋トレがハゲの原因になるという説とは?

筋トレをするとハゲるという説は、有名な俗説です。この俗説は、ホルモンの原理と毛根への影響に基づいています。

筋トレをすると、テストステロンやアンドロゲンなど、抜け毛の増加につながるホルモンが自然に多く分泌されるようになります。

さらに、運動によって健康な髪の成長に必要な栄養素が使われ、早期の薄毛やハゲにつながると指摘されています。しかし、この説を支持する科学的根拠はないことに留意する必要があります。

2.筋トレと薄毛の関係とは?

筋トレと薄毛には相関関係があるとする研究結果があります。筋トレでホルモンが増えたり、栄養素が使われたりすることで、髪が弱くなり、やがて抜け毛につながると考えられています。

さらに、筋トレなどの厳しい運動をすると、コルチゾール(ストレスホルモン)の量が増えます。

このコルチゾールの量が増えると、さらに頭皮の炎症や頭皮のダメージにつながり、薄毛の原因になることがあるのです。

3.筋トレと薄毛について、医学専門家はどう考えているのか?

筋トレのような頻繁で激しい運動が、薄毛やハゲにつながる可能性があることは、医学専門家も認めています。

しかし、こうした影響は、遺伝的に薄毛になりやすい人に多く見られると強調しています。

さらに、専門家は、筋トレによる脱毛の可能性を減らすために、定期的な運動を行うべきであり、マラソンやボディービルなどの過度に激しい運動は控えるべきだとアドバイスしています。

4.筋トレ後の健康な髪を維持する方法

筋トレ後も健康な髪を維持するために、専門家はさまざまな対処法を勧めています。

例えば、育毛や髪の健康に特化したビタミンやサプリメントを摂取することです。また、頭皮や毛根に負担をかけるようなヘアスタイル(きつい編み込みやエクステンションなど)は避けましょう。

さらに、コンディショニングシャンプーやコンディショナーを定期的に使用することで、健康で潤いのある髪を維持することができます。

さらに、健康で丈夫な髪を保つためには、適切な保湿を行うことが重要です。

まとめ

結論として、筋トレは薄毛と関係がありますが、遺伝的に薄毛になりやすい人だけに影響があることに注意が必要です。

筋トレによる薄毛のリスクを最小限に抑えるためには、定期的に、しかし過度に激しい運動をしないようにすることです。

また、ビタミンの摂取、コンディショナーの使用、頭皮に負担のかかるヘアスタイルの回避、髪の保湿なども、筋トレ後の健康な髪を維持するための対策として推奨されています。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました