スポンサーリンク

「中途半端に筋トレすると太る」って本当?それともウソ?

スポンサーリンク

中途半端な筋トレは太る」と言われたら、「そんなのあり得ない」と嘲笑するのではないでしょうか?まあ、よく考えてみると当然ですよね。

今回は、筋トレとダイエットの相性、そして中途半端な運動は健康どころか太ってしまう理由について解説します。

また、健康的でバランスの取れた食事を維持することが重要な理由、さらに、ジムに行かずに自宅で効果的に筋トレする方法についても説明します。

それではさっそく、筋トレの基本を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

中途半端な筋トレはあなたを太らせる?

筋トレといえば、努力と献身、そして情熱が必要なことは否定できません。

多くの人は、ジムに通って中途半端なエクササイズを行うだけで、望む結果を得られると思っていますが、そうではありません。中途半端な筋トレは、かえって太りやすく、脂肪を増やしてしまいます。

その理由は、「摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば、体重は増える」というエネルギー収支の方程式にあります。

この方程式は筋トレにも当てはまり、筋肉量を増やす努力をしないと、消費するエネルギーが摂取するエネルギーより少なくなり、結果的に太ってしまうのです。

筋トレとダイエットの関係を探る

本気でシェイプアップを目指すのであれば、筋トレとダイエットの関係を理解することが大切です。

その仕組みは簡単で、運動して食べ過ぎなければ、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなり、結果的に体重が減少するのです。

しかし、中途半端な運動しかしていないと、摂取したエネルギーを補うだけのカロリーが消費されないため、太りやすい体質になってしまうのです。

さらに、中途半端な筋トレによるエネルギー消費では、筋肉がつかないため、代謝が低下し、結果的に脂肪量がさらに増えてしまうこともあります。

健康維持のためのバランスの良い食事とは?

シェイプアップのために筋トレが重要であるのと同様に、健康を実現・維持するためには、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

バランスの良い食事は、筋トレに必要なビタミン、ミネラル、栄養素を摂取するために必要不可欠です。

健康的でバランスの取れた食生活を送るには、加工食品や精製食品の摂取を控え、栄養価の高い全食品を取り入れることが重要です。

また、最適な結果を得るためには、食事量と摂取エネルギーを正確に測定し、エネルギー消費量がエネルギー摂取量を上回っていることを確認することが重要です。

自宅でできる効果的な筋トレ方法

シェイプアップのためには、ジムに通わなければならないと思っている人が多いようですが、必ずしもそうではありません。

自宅での筋トレでも大きな効果を得ることができます。必要なのは、異なる筋肉群をターゲットにした様々なエクササイズを含む、充実したルーティンを構築することです。

例えば、腕立て伏せやスクワットなどの自重エクササイズ、カールやショルダープレスなどのダンベルやレジスタンスバンドのエクササイズをルーチンに取り入れることができます。

さらに、ストレッチやヨガを加えて、硬くなった筋肉や弱くなった筋肉をターゲットにすることもできます。

おわりに。「中途半端な筋トレは太る」というのは本当でしょうか?

冒頭の質問に答えます。はい、中途半端な筋トレは太る可能性があります。

健康の実現・維持のためには、筋トレとダイエットの関係を理解し、バランスの良い食生活を送ることが大切です。

また、ジムに通わなくても、筋トレで大きな成果を上げることができることも忘れてはいけません。

適切なエクササイズを組み合わせ、充実した日常生活を送ることで、自宅にいながらにして望む結果を得ることができるのです。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました