スポンサーリンク

「ネガティブ重視筋トレ」とは?【やり方・効果・特徴について解説】

スポンサーリンク

効果的な筋トレテクニックを身につけたいなら ネガティブ重視筋トレは、ぜひ試してほしい筋トレテクニックの一つです。

この筋トレは、ネガティブな動きに着目し、力を使ってウェイトを下げ、高い筋トレ効果を発揮するものです。

今回は、ネガティブ重視の筋トレの方法、効果、特徴、そして筋トレのカテゴリーごとに具体的なネガティブ動作について解説します。より詳しく知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

スポンサーリンク

ネガティブ重視の筋トレとは?

ネガティブ重視筋トレ、略してNMTとは、「ネガティブ」なポンピング動作を優先させる筋トレの一種です。

つまり、運動中、重りを下に動かす力を上に動かす力より大きくするのです。これは、負の動きの間、体がより強く働くことを余儀なくされるため、筋肉を構築し、増加させるために行われます。

この運動は、強く持ち上げることから始め、緊張と筋肉の収縮に焦点を当てながら、ゆっくりと制御された下降運動で継続させることで行われます。

ネガティブ重視筋トレの効果

ネガティブ重視筋トレには、様々なメリットがあります。まず、筋肉に緊張と負担をかけることで、筋肉を効率よく成長させることができます。

これは、ダウン動作の際に大きな力が加わるためです。次に、ゆっくりとした動作で筋肉をコントロールするため、筋肉が長時間緊張状態に置かれ、筋肉量の発達を助ける。

最後に、NMTは筋力のレベルを向上させます。緊張と負荷の増加、そしてネガティブな動きへの集中が組み合わさることで、筋肉と身体の全体的な強度を高めることができるのです。

ネガティブ重視筋力トレーニングの特徴

ネガティブ重視筋トレを行う際には、その基本的な特徴を押さえておくことが大切です。

まず、動作はゆっくり、コントロールしながら行うこと。これにより、筋肉に必要な量のストレスと負担がかかり、筋肉が適切に働き、必要な効果を得ることができます。

第二に、ネガティブな要素に注目することが重要で、持ち上げることよりも下ろすことを優先させること。

3つ目は、各レップ終了時に筋肉を一時停止させることが重要で、これにより緊張を与え、効率的に筋肉をつけることができます。

筋トレにおけるネガティブ動作の分類

ネガティブ重視筋トレは、様々なエクササイズや筋トレカテゴリーで使用することができます。

例えば、スクワットやデッドリフトなどの筋力・パワー系のエクササイズに使用することができます。これらのエクササイズでは、通常、ウェイトをゆっくりとコントロールしながら下げることが組み込まれています。

また、上腕二頭筋カールや上腕三頭筋エクステンションのような筋肥大エクササイズにも使用することができます。これらは、ウェイトを持ち上げてから、ゆっくりとコントロールしながらウェイトを下げていきます。

最後に、ボックスジャンプやバーピーなどのプライオメトリックエクササイズにも使用することができます。これらのエクササイズでは、動作の全体にわたって身体が一定レベルの緊張状態にあることを確認するために、ゆっくりと制御された動作が必要です。

まとめ

ネガティブフォーカス筋トレは、筋肉量を増やし、筋力を向上させ、筋肉の柔軟性を高めることができる効果的な筋トレの一種です。

筋肉に最も効果的なトレーニングを行うには、NMTの特徴と動作を理解することが重要です。次回のジムでは、NMTを忘れずに取り入れてください。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました