スポンサーリンク

自宅でOK&1日10分で効果が出る筋トレメニューについて解説

スポンサーリンク

筋肉を鍛えるのは時間のかかる作業です。時間がない人は、この記事が救世主になるかもしれません。

今回は1日たった10分で、しかも自宅でできる筋トレメニューをご紹介します。

体幹、上半身、下半身の筋肉について、基礎、中級、上級のエクササイズを網羅しています。それでは、もっと知りたい方は読み進めてくださいね。

スポンサーリンク

自宅で筋トレをするメリット

自宅での筋力トレーニングには、いくつかのメリットがあります。

それは、自分の都合の良い時間と場所で運動ができることです。また、自己管理能力を高め、精神的な強さを身につけることができます。

さらに、他人から批判される心配もなく、ジムの会員になる必要もないため、お金の節約にもなります。

10分間筋トレエクササイズの概要

10分間の筋トレエクササイズは、筋肉を素早く鍛えるのに効果的な方法です。これらのエクササイズをワークアウトのルーチンに取り入れることができます。

これらのエクササイズには、最小限の器具を使った自重エクササイズや動作が含まれます。

10分間のルーチンでは、複数のセットまたは短い休息時間で単一の演習に従事することができます。

これらの筋力トレーニングの通常の休息時間は、30秒から60秒、より長いセットでは90秒までと様々です。

1日10分でできる体幹強化のための筋トレメニュー

体幹の筋肉を鍛えるには、プランク、腹筋、ブリッジなどの運動が重要です。

プランクは、腹筋に力を入れ、背中が一直線になるまでゆっくりと体を起こします。30秒から60秒その姿勢を保ち、ゆっくりと体を下ろしていきます。

腹筋は、床に寝転び、腹筋を鍛え、上半身をゆっくりと足の方に丸めます。その後、ゆっくりと元の姿勢に戻します。

ブリッジは、仰向けに寝て、膝を曲げ、大臀筋、ハムストリングス、腹筋を鍛えます。この姿勢を30秒から60秒キープすることができます。

1日10分で上半身を強化する筋トレメニュー

上半身を鍛えるのに最適な運動は、腕立て伏せ、あご上げまたは懸垂、上腕二頭筋カールです。

腕立て伏せは、地面にプランクの姿勢でスタートし、胸と腕に力を入れながらゆっくりと体を下ろしていきます。

その後、体を押して開始位置まで戻します。あごのせや懸垂は、肩幅より少し広めに腕を開いてバーを握り、あごがバーの上に出るまで体を持ち上げます。

上腕二頭筋カールは、ダンベルを持ち、胸に向かって上向きにカールさせます。

1日10分でできる下半身を鍛える筋トレメニュー

下半身の筋トレメニューは、お尻、大臀筋、ハムストリングス、大腿四頭筋など、下半身の主要な筋肉群をターゲットにしたものです。

基本レベルのエクササイズは、スクワット、ドンキーキック、ランジなどのシンプルな自重エクササイズを中心に行うとよいでしょう。

これらの運動は下半身の筋肉をつけるのに効果的で、ほとんど道具を使わずに行うことができます。

中級レベルのエクササイズは、ジャンプスクワット、バーピー、シングルレッグデッドリフトなど、より難易度の高い自重運動に焦点を当てる必要があります。

これらのエクササイズには、抵抗力を高めるためのレジスタンスバンドや補助用のベンチなど、いくつかの器具が必要な場合があります。しかし、工夫次第で家庭にあるもので代用することができます。

上級者向けのエクササイズとしては、ウェイトエクササイズがあります。

基本的な自重エクササイズは同じですが、ウェイトを加えたエクササイズです。

ダンベルやケトルベルなどの基本的なものでよいので、ウェイトを加えてエクササイズをすると、筋力や体格の向上につながります。

1日10分の筋トレメニュー【基礎編】

これから始める人は、この10分間の筋トレメニューで、あまり努力を必要とせずにシェイプアップすることができます。

この基本レベルのメニューは、スクワット、ドンキーキック、ランジ、レッグリフトを8~12レップ×3セット行うのが基本です。

さらに、トレーニングの最後には、ストレッチや柔軟体操を追加することをお勧めします。

1日10分の筋トレメニュー【中級編】

ある程度運動経験があり、次のレベルへ進みたい方は、中級者向けの10分筋トレメニューが有効です。

このルーチンは、ジャンプスクワット、バーピー、シングルレッグデッドリフト、マウンテンクライマーを8~12レップ×3セット行うようにします。

このルーティンを完成させるには、最後にストレッチと柔軟体操も加えてください。

1日10分の筋トレメニュー【上級編】

1日たった10分で引き締まった体を手に入れたいなら、この上級者向けの筋トレメニューがおすすめです。

始めに、ジャンピングジャックを30秒、バーピーを30秒行います。次に、腹筋を30秒、スクワットを10回、腕立て伏せを10回、マウンテンクライマーを10回行います。

そして、プランクを30秒行って終了です。このルーチンは、エクササイズの効果を最大化し、引き締まった筋肉になるように設計されています。

効果的な筋力トレーニングのためのガイドライン

筋トレの効果を最大限に発揮するためには、いくつかのガイドラインがあります。

まず、トレーニングの前には必ずジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動を行い、ウォーミングアップを行います。

こうすることで、筋肉が適切に温められ、トレーニングに備えられるようになります。次に、自分のペースで行うことです。セットとセットの間に必ず休憩を入れ、無理をしないようにしましょう。

最後に、運動後はストレッチをしましょう。これは、筋肉痛のリスクを軽減し、筋肉の柔軟性を維持するのに役立ちます。

筋トレを日課にするために

筋トレを日課にするためには、楽しくできる工夫をすることが大切です。

例えば、エクササイズをしながら、明るい音楽を聴いたり、好きなテレビ番組を見たりすることです。

さらに、自分で目標を設定し、進捗状況を確認しましょう。そうすることで、モチベーションを維持し、筋トレを継続することができます。

最後に、目標を達成したら、自分にご褒美をあげることを忘れないでください。泡風呂にゆっくりつかる、新しい服を買うなど、簡単なことでよいのです。

まとめ

今回は、自宅でできる1日10分で効果が出る筋トレメニューをご紹介しました。

紹介した体幹、上半身、下半身のエクササイズを実践することで、短時間で引き締まった体を維持することができます。

最大限の効果を得るために、効果的な筋トレのガイドラインも守り、筋トレを毎日の習慣にしましょう。

さあ、汗を流して、数週間で筋肉を変える準備をしましょう。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました