スポンサーリンク

太もも内側の筋トレ。知っておきたい内転筋エクササイズ7選

スポンサーリンク

内転筋を鍛えて引き締めたいと思ったことはありませんか?もしそうなら、この記事はあなたのことを念頭に置いて書かれています。

強い内転筋の太ももを確立し、維持するために役立つ7つのターゲットエクササイズを取り上げます。

また、この記事では、各エクササイズの実行方法と、各エクササイズを進行するための最良の方法について詳しく説明します。それでは、さっそく本題に入りましょう。

スポンサーリンク

内転筋の紹介

内転筋は、大腿骨の内側にある筋肉で、太ももの骨の内側にあります。股関節の内転、つまり体の正中面を向く動きを担っています。

股関節の動きに欠かせない筋肉で、鍛えると股関節の可動性や安定性が向上し、歩く、走る、ジャンプするなど、下半身を使った動作に有効です。

内転筋を知る

内転筋は、大内転筋、母指球筋、長内転筋、鉤状筋、腹鎖骨筋の5つの筋肉から構成されています。大内転筋は、5つの筋肉の中で最も大きな筋肉です。

大腿内転筋は5つの筋肉の中で最も大きく、坐骨から発生し、大腿骨の下部から挿入されます。胸内転筋、長内転筋、グラシリス、ペクチネウスは、いずれも恥骨の下部から起始し、小転子で大腿骨に挿入されます。

5つの筋肉はすべて、大腿部を体の方に引っ張るように働きます。

スクワットの基本バリエーション

内転筋の強化に最も効果的なエクササイズのひとつがスクワットです。スクワットには、通常のロースクワットのポジションから、より高度なシングルレッグのバリエーションまで、さまざまな難易度のものがあります。

基本的なスクワットでは、まず肩幅に開き、足を平行に外側に向け立ちます。そして、背筋を伸ばし、胸を張って腰を落とします。数秒キープした後、立ち上がり、これを繰り返します。

スクワットで脈拍を計る

スクワットの次のレベルは、スクワット動作の最後にパルスを加えて、より緊張感を高め、内転筋をより活性化させることです。

そのためには、数センチ低く腰を落としてから、少しジャンプして足を押し出すと元に戻ります。同じスクワットの位置で柔らかく着地することを確認し、それを繰り返します。

シングルレッグ・グルートブリッジ

シングルレッグ・グルートブリッジは、内転筋を強化するのに最適なエクササイズです。

はじめに、膝を曲げて仰向けになり、足を床につけて平らにします。両手はバランスをとるために横に置きます。次に、片足を地面から上げ、つま先を天井に向けながら伸ばします。

もう片方の足は曲げたまま、大臀筋を鍛え、お尻を地面から浮かせます。このとき、内転筋に力を入れ、一番上で数秒キープします。

上げたときと同じ要領でお尻を地面に下ろし、好きな回数だけ繰り返します。最初は左右10回ずつ2セットから始め、体力に合わせてセット数、レップ数を増やしていくとよいでしょう。

サイド・ライイング・クラム・エクササイズ

サイド・ライイング・クラム・エクササイズは、内転筋をターゲットにして強化するのに有効な方法です。

はじめに、足を曲げて足を重ねた状態で右側に寝ます。両手は頭の後ろに置き、左腕は体の前に置きます。そして、体幹を動かさないようにして、内転筋と大臀筋に力を入れながら、上の脚を天井に向かって持ち上げます。

数秒のポーズをとってから、脚をスタートポジションに戻します。最初は左右10回ずつ2セットから始め、体力に合わせてセット数、レップ数を増やしていくとよいでしょう。

マウンテンクライマー

マウンテンクライマーは、内転筋を鍛えるのに最適なエクササイズです。まず、両腕を伸ばし、両足を揃えて腕立て伏せの姿勢をとります。

そして、右膝を曲げて、胸の方に持っていきます。このとき、大臀筋と内転筋に力を入れます。1秒ほど間をおいてから、反対側も同じように行います。

最初は左右10回ずつ2セットから始め、体力に合わせてセット数、レップ数を増やしていくとよいでしょう。

上級エクササイズに進む

内転筋の基礎体力がついたら、より高度なエクササイズに進みましょう。例えば、プリエ・スクワット、ステップアップ、サイド・ライイング・レッグレイズ、シングルレッグ・デッドリフトなどが挙げられます。

上達するにつれて、フォームに注目し、より効果的なエクササイズを行うようにしましょう

まとめ

健康で強い筋肉を作るには、目的に合った運動をフィットネスレジメンに取り入れることが重要です。

内転筋を鍛える3つのエクササイズは、太ももの内側を強化し、引き締めるのに役立ちます。軽い重量から始めて、筋肉が強くなるにつれて、徐々に増やしていきましょう。

これらのエクササイズはほんの一部ですので、他のエクササイズも試してみてください。定期的に運動し、正しいテクニックを身につければ、内転筋はきっと喜んでくれるはずです。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました