スポンサーリンク

「1メートルの棒」が1本あればできる筋トレメニューを紹介

スポンサーリンク

筋肉を鍛えたいけど、ジムに行く時間がとれない?そんなあなたのために、この筋トレメニューを作りましたのでご安心ください。

この記事では、長さ1メートルの棒1本でできるエクササイズを詳しく紹介します。

きっと、エクササイズのやり方だけでなく、そこから得られる効果も実感できるはずです。さっそく、自宅でできる筋トレプランをご紹介します。

スポンサーリンク

棒を使った筋トレ入門

筋肉をつけ、強くなるために効果的なのが筋トレです。

1mのロングバーを使ったトレーニングは、バーの長さによって各エクササイズの可動域が広がるため、トレーニングの効果を最大限に高めることができます。

棒を使うことで、腕、胸、背中など主要な筋肉群を鍛えることができます。このトレーニングプランでは、筋力を高めるだけでなく、バランス、協調性、柔軟性を高めることもできます。定期的なトレーニングで、すぐに効果を実感できるはずです。

棒を使った筋力トレーニングのメリットは何ですか?

棒を使った筋力トレーニングには、さまざまなメリットがあります。

まず、手軽に全身を鍛えることができることです。鉄棒を使うことで、短時間で主要な筋肉群を鍛えることができます。つまり、ジムで何時間も過ごすことなく、ワークアウトの効果を最大限に引き出すことができるのです。

さらに、このトレーニングプランは、誰でも使えるようにバーが軽いので、初心者に最適です。

さらに、自分のレベルに合わせてエクササイズを調整できるので、最初はゆっくりと、徐々にトレーニングの強度を上げていくことも簡単にできます。

1メートルの棒を使った筋力トレーニングメニューの紹介

この1m鉄棒は、さまざまなエクササイズに使用できます。ここでは、鉄棒を使ったエクササイズの一例をご紹介します。

– ベンチプレス

仰向けに寝て、手のひらを下に向けて鉄棒を持ち、腕が完全に伸びるまで鉄棒を押し上げます。ゆっくりとバーを下げ、スタートポジションに戻ります。

– ベントオーバーローイング

手のひらを内側に向けてバーを持ち、膝を曲げて背中が地面とほぼ平行になるまで体を前に倒します。その後、肘が完全に伸びるまでバーを胸の方に引き上げ、バーを元の位置まで下ろします。

– ショルダープレス

両足を肩幅に開いて立ち、手のひらを上に向けてバーを肩の高さで持ち、腕が完全に伸びるまでバーを押し上げます。バーを元の位置まで下ろします。

– アップライトローイング

手のひらを内側に向けてバーを持ち、腕を完全に伸ばした状態で、バーをあごまで引き上げます。バーを元の位置まで下ろします。

– 上腕三頭筋エクステンション

両足を肩幅に開いて立ち、両手でバーを持ち、腕を完全に伸ばすまで前に伸ばします。その後、バーを開始位置まで下ろします。

まとめ

棒を使った筋力トレーニングは、短時間で全身を鍛え、筋肉をつけるのに効果的な方法です。

ベンチプレス、ベントオーバーローイング、ショルダープレス、アップライトローイング、トライセップスエクステンションなどのエクササイズを活用すれば、すべての主要筋群をターゲットにし、全身の筋力、調整力、バランスを向上させることが可能です。

ぜひ試して、その効果を実感してください。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
syouをフォローする
スポンサーリンク
筋トレねこ:ぷにまる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました